SAK. THE BLOOMING DIVA

SAK. (歌手・作詞家)

10代前半にホイットニー・ヒューストンへの憧れから歌に目覚め、16歳からゴスペルクワイアに所属、慶応大在学中はR&B・ソウルを中心に多様な音楽経験を積む。卒業後より SAK. としての活動を始動。

2009年秋ニューヨークにてGerry Eastman、Stanley Banks他NY在住ジャズミュージシャンらの協力の下インターネットラジオ企画としてレコーディングの機会を得、配信リリース。2010年オリジナルアルバム『Gift of Love』、ミニアルバム『Christmas Joy』の2作品をリリース。

同年SWEET SOUL RECORDSからリリースのソウルコンピレーションアルバム『SOUL OVER THE RACE Vol.1』に参加。「Somebody Else's Guy」「Caught Up In The Rapture」「Don't Let Me Be Lonely Tonight」が世界各地にて好評を得る。
2012年ニラジ・カジャンチプロデュース作品『NK Presents SAK. [Acoustic]』配信リリース。
2014年『TOKYO SOUL COLLECTIVE 2009-2014』がリリース、「Somebody Else's Guy」「Caught Up In The Rapture」の2曲が再録されている。

2011年は以降ゲーム関連作品に歌唱・作詞にて積極的に関わる。クラブミュージックを主軸にパワフルな歌唱力とステージパフォーマンス、ならびに英語・日本語の作詞能力を活かし、現在の活動の中心となっている。主な参加作品は以下の通り。

歌唱および作詞
『消滅都市2』 加藤浩義氏 作曲
「Stay With Me」「Calling Your Name」「Our Lost Future」「Love Is the Way」「Keep Moving On」「Love Sets Me Free」「Ideal ~phase3」「One Last Love」(以上 歌唱・作詞)
「You and Me (Once Again)」「Serenity (Vocal Version)」(歌唱のみ) 他

『湾岸ミッドナイト MAXIMUM TUNE 5DX PLUS』古代祐三氏 作曲
「Drive Me Crazy」「I Will Follow You」(歌唱・作詞)

『REFLEC BEAT 悠久のリフレシア』収録「Now's the Time」(古代祐三氏名義、歌唱・作詞)
『Airtone』収録「Dreamin'」(Ryo Shirasawa feat. SAK.名義、歌唱・作詞)
『グルーヴコースター』収録「TAKING OFF」(SATO名義、歌唱・作詞)
『DanceDanceRevolution』収録「Find The Way」(nc ft SAK.名義、歌唱のみ)
『ガチトラ! ~暴れん坊教師 in High School~』主題歌「Core」(歌唱のみ)
『DRAGON POKER ORIGINAL SOUNDTRACK II』収録アレンジ楽曲「Labyrinth of the love [Gospel Arr.]」(歌唱・作詞・アカペラアレンジ)


作詞のみ
『消滅都市2』収録「Song of Joy」「Aim ~phase3」(作詞)
『Airtone』収録「NEW ERA, NEW WORLD」(作詞)
『ぐるモン』各ヴォーカル楽曲(作詞)
『タイムトラベラーズ』各キャラクターソング(英訳詞)

コーラス
『THE IDOLM@STER CINDERELLA MASTER 049 関裕美』収録「楽園」(コーラス・コーラスアレンジ)
『真・三國無双8 キャラクターソング集Ⅰ~Serioso~』収録「SURVIVE」
『真・三國無双8 キャラクターソング集Ⅱ~Lieto~』収録「Shining Star」、「Majestic Beauty」
『聖剣伝説2 シークレット オブ マナ』(PS4/PSVita/Win版)収録「浄夜」
『THE IDOLM@STER PLATINUM STARS』収録「アマテラス」
『真・三國無双7 デュエットソングス~双璧歌曲~』収録「PROMISE」

上記ゲーム関連作品の他、大久保博氏やSATO(佐野電磁氏・ノイジークローク加藤浩義氏のEDMユニット)ら代表的ゲーム音楽クリエイターの個人作品にも近年参加している。主な参加作品は以下の通り。

『AD:HOUSE 6』収録「Chase The Stars」(Hiroshi Okubo (nanosounds.jp) feat. SAK.名義、歌唱・作詞)
『EDM IS OVER』収録「Rejoice」(SATO名義、歌唱・作詞)
『AD:HOUSE 5』収録「Into The Light」(Hiroshi Okubo (nanosounds.jp) feat. SAK.名義、歌唱・作詞)
『EDM IS GAME』収録「Taking Off」「Maybe In Time」(SATO名義、歌唱・作詞)
『AD:HOUSE 4』収録「Clear Memories」(Hiroshi Okubo (nanosounds)名義、歌唱・作詞)

ゲーム作品関連ライブイベント出演は以下の通り。
2018年5月「PROJECT消滅都市発足発表会」
2017年5月「消滅都市 3rd Anniversary Fes.」
2016年12月「消滅都市 FUTURE CONCERT」
2015年9月「東京ゲームショウ2015」(消滅都市DJステージ)
2015年5月「4star2015 THE FINAL 4star Primal Orchestra Special Concert」
2015年1月 中国・北京「Game Sound Maniax 2015 Beijing LV.1」
2014年3月「沖縄ゲームタクト2014」(バンド×DJステージ)

アミューズメントパーク関連では、ナンジャタウン「ナンジャラー!ナンジャラー!~キミとなかよくするための魔法~」(2018年オープニングショー「開運!三三七拍子」テーマ曲)歌唱を担当。

その他コーラスサポートの分野でテレビ番組やコンサートに於いて実力を発揮している。参加番組・コンサートは以下の通り。
2018年「コンフィデンスマンJP」(フジテレビ系ドラマ/音楽:fox capture plan/メインテーマ曲「We Are Confidence Man」)
2018年「『刀剣乱舞』宴奏会」
2015年「-愛と勇気の25周年記念- ファイアーエムブレム祭」
2015年「水曜歌謡祭」(フジテレビ系)
2013年「THE MUSIC DAY 音楽のちから」(日本テレビ系)

また近年クリスチャンミュージックの分野に於いても関わる機会を多く持つ。クラシックピアニストの父を持つ。
今後のシーンを牽引していくアーティストの一人である。