SAK. THE BLOOMING DIVA

SAK. (歌手・作詞家)

10代前半にホイットニー・ヒューストンへの憧れから歌に目覚め、16歳からゴスペルクワイアに所属、慶応大在学中はR&B・ソウルを中心に多様な音楽経験を積む。卒業後より SAK. としての活動を始動。

2009年秋ニューヨークにてGerry Eastman、Stanley Banks他NY在住ジャズミュージシャンらの協力の下インターネットラジオ企画としてレコーディングの機会を得、配信リリース。2010年オリジナルアルバム『Gift of Love』、ミニアルバム『Christmas Joy』の2作品をリリース。

同年SWEET SOUL RECORDSからリリースのソウルコンピレーションアルバム『SOUL OVER THE RACE Vol.1』に参加。「Somebody Else's Guy」「Caught Up In The Rapture」「Don't Let Me Be Lonely Tonight」が世界各地にて好評を得る。
2012年ニラジ・カジャンチプロデュース作品『NK Presents SAK. [Acoustic]』配信リリース。
2014年『TOKYO SOUL COLLECTIVE 2009-2014』がリリース、「Somebody Else's Guy」「Caught Up In The Rapture」の2曲が再録されている。

2011年は以降ゲーム関連作品に歌唱・作詞にて積極的に関わる。クラブミュージックを主軸にパワフルな歌唱力とステージパフォーマンス、ならびに英語・日本語の作詞能力を活かし、現在の活動の中心となっている。主な参加作品は以下の通り。

歌唱および作詞
『消滅都市』シリーズ 加藤浩義氏 作曲
「Stay With Me」「Calling Your Name」「Our Lost Future」「Love Is the Way」「Keep Moving On」他(以上 歌唱・作詞)
「You and Me (Once Again)」(歌唱のみ) 他

『湾岸ミッドナイト MAXIMUM TUNE 5DX PLUS』古代祐三氏 作曲
「Drive Me Crazy」「I Will Follow You」(歌唱・作詞)

『REFLEC BEAT 悠久のリフレシア』収録「Now's the Time」(古代祐三氏名義、歌唱・作詞)
『Airtone』収録「Dreamin'」(Ryo Shirasawa feat. SAK.名義、歌唱・作詞)
『グルーヴコースター』収録「TAKING OFF」(SATO名義、歌唱・作詞)
『DanceDanceRevolution』収録「Find The Way」(nc ft SAK.名義、歌唱のみ)
『ガチトラ! ~暴れん坊教師 in High School~』主題歌「Core」(歌唱のみ)
『DRAGON POKER ORIGINAL SOUNDTRACK II』収録アレンジ楽曲「Labyrinth of the love [Gospel Arr.]」(歌唱・作詞・アカペラアレンジ)


作詞のみ
『消滅都市2』収録「Song of Joy」(作詞)
『Airtone』収録「NEW ERA, NEW WORLD」(作詞)
『ぐるモン』各ヴォーカル楽曲(作詞)
『タイムトラベラーズ』各キャラクターソング(英訳詞)

コーラス
『THE IDOLM@STER CINDERELLA MASTER 049 関裕美』収録「楽園」(コーラス・コーラスアレンジ)
『真・三國無双8 キャラクターソング集Ⅰ~Serioso~』収録「SURVIVE」
『真・三國無双8 キャラクターソング集Ⅱ~Lieto~』収録「Shining Star」、「Majestic Beauty」
『聖剣伝説2 シークレット オブ マナ』(PS4/PSVita/Win版)収録「浄夜」
『THE IDOLM@STER PLATINUM STARS』収録「アマテラス」
『真・三國無双7 デュエットソングス~双璧歌曲~』収録「PROMISE」

上記ゲーム関連作品の他、大久保博氏やSATO(佐野電磁氏・ノイジークローク加藤浩義氏のEDMユニット)ら代表的ゲーム音楽クリエイターの個人作品にも近年参加している。主な参加作品は以下の通り。

『AD:HOUSE 6』収録「Chase The Stars」(Hiroshi Okubo (nanosounds.jp) feat. SAK.名義、歌唱・作詞)
『EDM IS OVER』収録「Rejoice」(SATO名義、歌唱・作詞)
『AD:HOUSE 5』収録「Into The Light」(Hiroshi Okubo (nanosounds.jp) feat. SAK.名義、歌唱・作詞)
『EDM IS GAME』収録「Taking Off」「Maybe In Time」(SATO名義、歌唱・作詞)
『AD:HOUSE 4』収録「Clear Memories」(Hiroshi Okubo (nanosounds)名義、歌唱・作詞)


イベント関連では、2014年3月「沖縄ゲームタクト2014」(バンド×DJステージ)、2015年1月に中国・北京「Game Sound Maniax 2015 Beijing LV.1」、同年5月「4star2015 THE FINAL 4star Primal Orchestra Special Concert」、同年9月「東京ゲームショウ2015」(消滅都市DJステージ)、2016年12月「消滅都市 FUTURE CONCERT」、2017年5月「消滅都市 3rd Anniversary Fes.」に出演。

その他コーラスサポートの分野でテレビ番組やコンサートに於いて実力を発揮している。(フジテレビ系「コンフィデンスマンJP」「水曜歌謡祭」、日本テレビ系「THE MUSIC DAY 音楽のちから」、「-愛と勇気の25周年記念- ファイアーエムブレム祭」、「『刀剣乱舞』宴奏会」 他)
近年はクリスチャンミュージックの分野に於いても関わる機会を多く持つ。またクラシックピアニストの父を持つ。
今後のシーンを牽引していくアーティストの一人である。